銀行のカードローンの返済を忘れてしまった

キャッシングベスト3

銀行のカードローンの返済を忘れてしまいました

銀行でカードローンを利用しています。先日借り入れをしたんですが、つい返済を忘れてしまいました。今まで一度も返済忘れをしたことなんかなかったのに、どうしようと困惑しています。こういう時ってまずはどうしたらいいんでしょうか?すぐに返済すれば大丈夫ですか?カードローンを使えなくなったりしたら・・・と考えると不安です!

まずは利用している銀行に連絡をしてみてください

カードローンの返済忘れは非常に多く見られるトラブルの一つです。銀行だけではなく、消費者金融のカードローンを使っている人の中にも「返済を忘れてしまった!」という人は多いですよ。なのでどうぞご安心を、というわけではありません。

まずは質問者さんがカードローンを利用している銀行にすぐ連絡を入れてください。返済を忘れてしまってからどのくらい経ってしまっているか分かりませんが、できるだけ早く連絡をしましょう。カードローンの返済を忘れてしまった、ということを伝えればその都度対処法を教えてくれますから、その後は銀行側の指示に従って返済金額を支払うようにしてください。

質問者さんのように一度も返済を忘れたことがないという場合であっても、延滞をした事実に変わりはありません。今後は誤ってトラブルを起こすことのないよう注意しながらカードローンを使ってくださいね!

また、延滞のトラブルの状況によってはカードローンを使えなくなる恐れも出てきます。質問者さんの場合はご自身で延滞してしまったことに気付いていますし、今まで返済を忘れたこともなく、今回のトラブルにおいても返済をする意思もあるようですから、今後大きなトラブルを起こさない限りはカードローンの利用が停止されるようなことはありません。

ですが、今までに何度も延滞をしている、毎月延滞をしている、延滞をしている金額を返済していない、などのトラブルが起きている場合はカードローンを使えなくなるケースもあります。延滞をするということ自体がカードローンの利用ルールを破ってしまっていますし、そのルール違反を何度も繰り返すということで、銀行や消費者金融側からの信頼もどんどん失われていきます。そして結果、カードローンを使えなくなってしまうというわけです。

質問者さんは普段からカードローンを利用する時に計画を立てているでしょうか?計画を立てていれば問題ありませんが、もし計画を立てていないというのであれば、今後は必ず返済の計画について考えてからカードローンで借り入れをするようにしましょう。返済忘れもよくあるトラブルですが、返済計画を立てなかったことから返済することができなくなってしまった、というトラブルもよく見られています。カードローンの利用は自己責任ですので、自分自身の安全は自らの力でしっかり守っていきましょう。

銀行のカードローンを利用するときは返済忘れに気を付けましょう

急な飲み会や合コンでお金が必要になったり、冠婚葬祭で急いで田舎に帰らなければならないようなことはあるものですが、いつも財布に余裕があるわけではないため、行きたい気持ちはあるけど、肝心のお金がないといった状態になることがあります。
給料日までは待ってられないということもあるので、そんなときには銀行にカードローンの申し込みをすることをおすすめします。

昔は銀行で借り入れの申込みをしようと思うと、審査に時間がかかり過ぎるし、手続きも面倒で、よほどの担保や保証人がなければ気安く利用できないようなイメージがありましたが、今では消費者金融と同じ感覚で利用できるので、ぜひ試してみてください。
申し込みをするときも、わざわざ店舗まで行く必要はありませんし、電話やインターネットだけで完結するので、近隣にお店がない方には非常に便利です。
しかも担保や保証人も必要なく、必要なものと言えば、本人確認書類である運転免許証や健康保険証などのコピーなので、それだけは用意しておくようにしたいですね。

そのうえ消費者金融に比べると、銀行は低金利ですから、長期で借りたいと思った時には安心して利用することが出来ます。
高金利のローン会社で借りると、返済が長引けば長引くほど、相当な利息を支払わなくてはならないので嫌な気持ちになりますが、銀行はそうではないので、誰でも気軽に利用することが可能です。

ただしここで忘れてはならないのが、銀行のカードローンを利用するときは返済忘れに気を付けるということです。
どのローン会社にも返済期日というのがありますから、その日までには必ずお金を返さなければなりません。
もしその日を過ぎてしまうと、延滞利息金というものが加算されるので、さらに支払いが増えることになってしまいます。
それでは低金利の会社を利用した意味がなくなってしまうので、返済期日を過ぎることだけはないよう、カレンダーに印をつけるなどして覚えておくようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 個人事業主がお金を借りるときに人気のローンはコチラ! All Rights Reserved.